ブレインパッド教育講座 by BrainPad

統計・分析のためのデータ加工入門

プログラム概要


プログラム概要

本講座では、統計・データ分析の基礎となる外部データの入出力、統合、集計、分析までの基本的な処理方法を学んでいきます。
データ分析の各プロセスに従いながら、データハンドリングや分析の設計(データの統合方法、カテゴリカル変数の度数集計および関連性の分析、グループ集計など)の一連の流れを身につけることができます。短時間でデータ分析に必要となる基礎的なデータ加工技術、統計関数の使用方法、分析結果の読み方の習得を目指します。
本講座では、分析環境として「WPS Software」を使用します。 WPS Softwareは、SAS言語を実行でき、データの加工や集計、レポーティング、統計処理、グラフ処理、データベースアクセス機能など豊富な機能を有し、国内および海外でユーザー数を拡大している英国・World Programming社製のソフトウェアです。

学習目標ローデータの取り込み・検索・加工と基礎的な統計量の算出が可能となること
利用環境・言語WPS Software、Microsoft Office(Excel)
受講前提Excel等の集計ソフトの利用経験があること
受講人数最大20名
受講料

1名様 75,600円(税込)

カリキュラム


PART1

【講義+実習:40分】
・使用ツールについて
 -WPS Softwareとは?ワークベンチの起動方法と操作方法
【講義+実習:60分】
・ローデータの入出力
 -CSV、Excel形式データの入出力
 ①IMPORTウィザード/プロシジャ
 ②EXPORTウィザード/プロシジャ
【講義+実習:80分】
・データ加工の基礎
 -データ抽出
 ③WHERE句
 -項目作成
 ④割り当て、IF、ELSE文
 -作成項目による検索
 ⑤サブセットIF、KEEP、DROP文
 -データの並べ替えと結合
 ⑥SORTプロシジャとPRINTプロシジャ
 ⑦SET文(縦結合)
 ⑧MERGE文(横結合)
 ⑨BY文(マッチマージ)

PART2

【講義+実習:55分】
・SAS言語の基礎
 -基礎文法
 -データセットの管理
 ⑩ライブラリの割り当て、LIBNAMEステートメント
 -データの分割
 ⑪OUTPUTステートメント、WHERE=、KEEP=、
  DROP=データセットオプション
【講義+実習:45分】
・度数の集計と関連分析
 -カテゴリカル変数の度数集計および2変数間の関連性の分析
 ⑫FREQプロシジャ
【講義+実習:60分】
・値の集計
 -数値変数の基本統計量のグループ別算出、外れ値のリスト化、
  2変数間の相関分析
 ⑬SUMMARY/MEANSプロシジャ
 ⑭UNIVARIATEプロシジャ
 ⑮CORRプロシジャ
【質疑応答・まとめ:20分】

※データ加工テクニックの詳細まで学びたい方は、「WPS Softwareプログラミング」の同時受講を推奨いたします。

開講スケジュール


開催日程は「開講スケジュール」のページをご覧ください。

お申込みについてはこちら お問い合わせ・資料請求はこちら