データサイエンティスト育成講座 株式会社ブレインパッド

Tableauによる集計・分析【BIツール タブローでデータ分析・集計研修】

プログラム概要


Tableau(タブロー)はBIツールの中でも、直感的な操作によりデータを簡単に可視化できることに定評があり、世界で2万9千社超の企業が利用している

本講座では、2日間にわたり、集計・分析用データの取り込み方法やデータ結合をはじめとして、よく使うグラフ・チャートの作成方法や複数のデータのかけ合わせ方、ドリルダウンができるインタラクティブな可視化まで、一連の流れを体系的に学びます。
また、可視化されたデータをどのように読み解けばよいのか、といった活用方法についても学びます。
Tableau(タブロー)」を利用した実践的な学習を通して、シチュエーションに合わせた効果的なデータ可視化手法や複数のダッシュボードを連動させた多角的なデータの表現方法など、他者を説得できるデータの見せ方が身につきます。

学習目標目的に合ったデータ集計・分析手法を選択し、Tableauを用いて他者に伝わりやすいデータの可視化ができるようになること
利用環境・言語Tableau Desktop 10.0.x(Windows環境) ※テキストはバージョン9のものを使用します
受講前提表計算ソフトなどで集計、グラフを作成したことがある方。
またはTableauを運用されている方、これから始める方。
受講人数最大12名(最小催行人数3名)
受講料

1名様 151,200円(税込)

開催場所

株式会社ブレインパッド
(東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル3F)

開催日時

スケジュールはこちら

お申込みについてはこちら お問い合わせ・資料請求はこちら

本プログラムのねらい


本プログラムは、データ活用・可視化の習熟度4段階のうち、「Level3:分析結果を使って他者を説得できるレベル」に達することをねらいとしています。

データに基づく視覚的、かつ直観的な表現で、プレゼンテーションにより説得力を持たせることができる

対象者


データ活用・可視化スキルを向上したい方

 

下記に一つでも当てはまる方に、特にお勧めしております。

・作成できるグラフのバリエーションが少ない。もっと他の表現方法を知りたい。
・手元のレポートを他の条件で見せたいが、データ加工や編集に時間がかかり対応できずにいる。
 効率的な手法を身に付けたい。
・手元のレポートに別の指標を掛け合わせてみたいが、うまくグラフに乗せられない。
 効果的な見せ方と実装方法を習得したい。
・たくさん作ったレポートをまとめて分かりやすく説明できるようになりたい。
・初めてTableauを使用することになり、データ準備から可視化までの一連の作業を体系的に学びたい。

本プログラムで学ぶこと


よくあるビジネスシーンを題材に、BIツールTableauを用いた基本的な11種類のチャート作成・ドリルダウンする際の応用などを実践形式で学びます。

 

●データ可視化の基礎
可視化する際のデータの種類や作法を学びます。
日付ごとの売上推移やカテゴリ別の利益など、各テーマに合ったグラフの種類と使い方も丁寧にお教えします。

 

●事実を発見できるデータ可視化の手法と実装テクニック
売上が最も高いポイントや予算と実績の差異など、データから見える事実を直感的に発見できるデータ可視化方法を学びます。
比較の可視化など、表計算ソフトではできないTableauならではの表現が身につきます。

 

●思い通りに動かせるデータ可視化手法と実装テクニック
同じデータでも立場によって見たいポイントが異なることがあります。そのような場合、Tableauではボタン1つでダッシュボードの見せ方を変えることができます。
例えば、全体売上ダッシュボードを操作して、「特定の商品の売上」や「特定の地域の売れ筋商品」などの別視点に見せ方を変更することができます。
グラフやダッシュボード同士を連動させ、その場でドリルダウンできるダッシュボードの作成方法を学びます。

カリキュラム


PART1

ウォーミングアップ
・Tableau製品のご紹介
・分析データ準備
・ビューの作成
・演習

PART2

データソースへの接続
・接続オプション  
・結合
・データブレンド
・データソースの置換
・演習

PART3

ランキング
・基本的なランキング
・特定の階層のランキング
・階層別のランキング
・階層別のランキング(例外)
・演習

PART4

比較
・重ね合わせ棒グラフ
・ブレットグラフ
・演習

PART5

マップと背景画像
・マップビューの作成
・二重マップを使用したマップビュー
・緯度・経度指定によるマップビュー
・背景画像を使用したマップビュー
・演習

PART6

計算フィールドを使用した分析
・計算フィールドの作成
・演習

PART7

表計算を使用した分析
・表計算の使用方法
・演習

PART8

動的なビューの作成
・動的な分析軸の作成
・動的リファレンスの作成
・演習

PART9

動的なダッシュボードの作成
・基本的なダッシュボードの作成
・フィルター(単一データソース)
・パラメーター(複数データソース)
・アクション(フィルター)
・演習

PART10

総合演習

受講者の声、評判


おかげさまで受講者の皆様から高い評価をいただいております。

 

●受講者の平均満足度  4.6

 

●本プログラムについて

  • ・現在作成中のダッシュボードで、社内の要望に応えるヒントが得られた。
  • ・データの用途に応じたビジュアル化の具体的な操作方法をマスターできた。
  • ・今まで自己流でTableauを使っていたが、基礎から一通り学べたので、より効果的に使える。
  • ・具体例に基づいた講義で、段階的にレベルアップしていくので非常にわかりやすかった。
  • ・設定の説明が省略されることなく、テキストも手順や図説が丁寧だったので、しっかりと身についた。

 

●今後のデータ活用、業務への活用について

  • ・プレゼンで人に理解されやすいグラフ、表が作れそう。
  • ・これまではExcelでデータ加工、グラフ作成をしていたが、Tableauによる+αの表現を学べたので、わかりやすい見せ方でプレゼンなどに活用したい。
  • ・Excelで計算やグラフ化していたものが、Tableauでは簡単にできるため業務を効率化できそう。
  • ・今までは容量の多いデータをクロス集計するのがメインだったが、ビジュアライズのテクニックが身についたのでレポーティングに本格的に利用したい。

開講スケジュール


開催日程は「開講スケジュール」のページをご覧ください。講座は、全2日間(両日ともに9:00-17:00)を予定しております。詳細の時間は、お申し込み後メールにてお送りする「受講票」をご確認ください。

お申込みについてはこちら お問い合わせ・資料請求はこちら