SQLによる集計・分析

プログラム概要


プログラム概要

本講座では、データ分析のアプローチについて、ケーススタディを通じて学んでいきます。データ分析の各プロセスに従いながら、分析の設計(指標やKPI、クロス集計の集計軸の考え方など)や、データハンドリング方法などについて、基本的な一連の流れを身につけることができます。総合演習では、受講生が自社の事業担当者になった想定で、データ分析に基づく新規事業の改善提案を作成し、プレゼンテーションを実施します。

データサイエンティストの名前の通り、データを自由に扱えることがデータサイエンティストを目指す第一歩となります。本講座で使用するSQLは、データベース上に格納されたデータを扱うための基礎として、データ分析の必須スキルの一つと言えます。

学習目標データベース上のデータ分析を通じて、データに基づく改善提案ができるようになること
利用環境・言語PostgreSQL、Microsoft Office(Excel、PowerPoint)
受講前提Microsoft Office Excel(ピボットテーブル)、もしくはAccessの利用経験
受講人数

最大20名

受講料

1名様 129,600円(税込)

カリキュラム


PART1

【講義:45分】
・分析とは?  

 ー定義と事例紹介
・分析のプロセス  

 ービジネスの理解〜施策展開までのプロセスと、各プロセスでの留意事項

【講義:30分】
・Database/SQLとは?  

 ーDB、ER図、テーブル定義の理解

【講義115分+演習50分】

・分析に用いる検索操作の4つの基本(前半)
・SQLミニドリル 
 ①SELECT
 ②WHERE
 ③集計関数/GROUP BY

PART2

【講義:30分】
・分析に用いる検索操作の4つの基本(後半)
 ④Join

【演習:70分】
・分析を想定したSQL演習
 推移:ユーザ数などの日別推移集計
 利用:平均登録数/利用日数集計
 属性:性年代別集計、など

【講義:20分】
・検定の使い分け方の紹介
・分析設計の考え方

【演習:120分】
・総合演習(前半)
 新規事業の担当者として、現状分析に基づく改善提案を提出

 ー分析の設計
 ー現状把握と課題抽出

PART3

【演習:40分】
・中間発表

【演習:150分】
・総合演習(後半)
 ー課題の要因探索
 ー改善提案作成

【演習:50分】
・最終発表
・まとめ/講師評

テキストイメージ


弊社のデータ分析・活用に関する知見と人材育成のノウハウを元にした独自のテキストです。

テキストイメージ

ビジネス課題の解決に必要な
データ分析のアプローチについて
例を上げて平易に解説

テキストイメージ

実際の業務での活用を想定し、
分析でよく使われる指標やKPIを
用いた演習問題を使用

テキストイメージ

総合演習では、受講生が
新規事業担当者になった想定で、
データ分析に基づく改善提案を作成、
プレゼンテーションを実施

 

開講スケジュール


開催日程は「開講スケジュール」のページをご覧ください。

プロファイル&アンケート結果


受講生のプロファイル&アンケート結果はこちらのページをご覧ください。

お申込みについてはこちら お問い合わせ・資料請求はこちら